心療内科・精神科とよだクリニック

JR加古川駅の南口から徒歩1分、開業16年の実績

ご予約
お問い合わせは
TEL.079-454-8677

※木曜日、日曜日と祝日は休診
午前 9:00~13:00 × ×
午後16:00~19:00 × × ×

社会不安障害とは

社会不安障害 Social Anxiety disorder(SAD)

他人から注目される対人的・社交的場面で強い不安や緊張を感じ、赤面、ふるえ、息苦しさ等の身体症状が出る病気です。恥をかかないかと恐れ、このような社会的状況を避けようとします。以前は性格によるもので内気、恥ずかしがりや等と片付けられていましたが、近年治療可能な病気であることが分かってきました。社交不安障害、社会恐怖と同義です。

社会不安障害の原因

残念ながらまだはっきりとは分かっていません。脳内の神経伝達物質であるセロトニンが関与していると考えられます。

社会不安障害が発生しやすい社会的状況
  • 会議で意見を言う
  • 大勢の人の前でスピーチをする
  • 人前で字を書く、電話をする、食事をする
  • 初対面の人と会う、話をする
  • 偉い人と話をする
  • 試験を受ける
  • パーティーを主催するなど

社会不安障害でよく見られる身体症状

顔が赤くなる・こわばる、口が渇く、汗をかく、脈が速くなる、息苦しくなる、手足が震える、声が震える、吐き気がする、腹が痛くなる、トイレが近くなる、めまいがする、頭の中が真白になる等。

社会不安障害の治療

薬物療法と精神療法があります。

薬物療法

  1. SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
  2. ベンゾジアゼピン系抗不安薬
  3. β遮断薬

精神療法

曝露療法、認知行動療法等。

※社会不安障害でみられる身体症状は過緊張→自律神経の乱れ(交感神経優位)により生じるものですが、根底には性格、遺伝的な性質が関係していると考えます。過去の失敗体験が次の不安を生じ、また失敗するという悪循環を呈することが多く、同じ不安障害のパニック障害と類似性があります。

当院では主にSSRIと抗不安薬による薬物療法と暴露療法を併用しています。SSRIで根底にあるこだわりや不安を軽減、抗不安薬やβ遮断薬を使用して実際の場面で成功体験を積み重ねることで、徐々に自信をつけていきます。これまでにかなりの人が苦手を克服し、当院を卒業していきました。

ご自分が社会不安障害ではないかと思っておられる方、早く治療を受けて早く楽になってください。

社会不安障害のリンク

ふあんナビ」サイトへ

文責:加古川の心療内科・精神科 とよだクリニック

カテゴリ Categories

  • 病気の話
    • 心療内科・精神科の病気に関する情報を紹介・解説しています。
  • 薬の話
    • 心療内科・精神科で治療に使用するお薬に関する情報を紹介・解説しています。

新着 What's new