心療内科・精神科とよだクリニック

JR加古川駅の南口から徒歩1分、開業16年の実績

ご予約
お問い合わせは
TEL.079-454-8677

※木曜日、日曜日と祝日は休診
午前 9:00~13:00 × ×
午後16:00~19:00 × × ×

診療案内 medical info

とよだクリニックでは、下記のとおり心療内科・精神科の診療を行っております。一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

診療内容

心療内科・精神科とよだクリニック希望イメージ精神科・心療内科全般に対処いたします。下記に挙げる病が代表的ですが、これらに限らずそのほかの心の病に関するお悩みでも、お気軽にご相談下さい。

  • うつ病、躁うつ病
  • パニック障害、社会不安障害、強迫性障害
  • 不眠症
  • 統合失調症
  • てんかん
  • 職場や家庭のストレス
  • 認知症など

※それぞれの病気の概要についてや、心療内科・精神科で使われるお薬についての概要は、病気と薬の話コーナーでも解説していますのでご覧ください。

診察時間

とよだクリニック受付とよだクリニックは、毎週、下記の時間帯で診察いたしております。(下記の曜日でも祝日の場合は休診です。)

※木曜日、日曜日と祝日は休診
午前 9:00~13:00 × ×
午後16:00~19:00 × × ×

※年末年始やお盆など、臨時で休診する日もございます。臨時の休診日については、トップページお知らせ一覧などからご確認ください。

診察のご予約

初診・再診ともに診察時刻のご予約をお取り頂いております。とよだクリニックでは、患者様のお話をじっくり聞き、しっかりと説明を行い、十分に納得していただいた上で治療を行うため、初診・再診ともに診察時刻のご予約をお取り頂いております。

ご予約やお問い合わせ先は、お問い合わせページをご覧ください。

初診時について

とよだクリニック受付受診時には、必ず健康保険証を忘れずにお持ちください。
初診から始まる一連の治療の流れについては、治療方針ページでご紹介していますのでご覧ください。

検査についての詳細

当院では血液検査、尿検査、脳波検査、心電図検査等に対応しております。

  • 血液検査
    • 血液検査は主に血液一般検査(赤血球、白血球、血小板等の数を見る)、生化学検査(肝機能、腎機能、高脂血症や糖尿病等の検査、各種ホルモンの値の検査等)や薬物血中濃度検査等を行います。
      薬剤性の肝機能障害や腎障害、顆粒球減少症に備えるだけでなく、うつ状態の鑑別にも有効です。うつ状態を呈して受診した患者様の中にBasedow病や橋本病等の甲状腺機能障害の方が一定数おられるので注意が必要です。
      一部の向精神薬では食欲増進効果があり過剰摂取による糖尿病や高脂血症等メタボリック症候群への備えが必要なものがあります。
      ムズムズ足症候群の方の中には鉄欠乏性貧血が原因の方がおられます。
      けいれん発作を呈して他院に緊急搬送され、抗てんかん薬が投与されていた方が水中毒(過量の飲水により低ナトリウム血症を呈した状態)であったこともあります。
      炭酸リチウム、従来型の抗てんかん薬等は服薬状況の確認と薬剤中毒の予防のため血中濃度測定が必須です。いずれの場合も3か月に1回程度実施することが望ましいと考えます。
  • 脳波検査
    • 脳波検査はてんかんの診断と治療方針決定に必須です。当院では予約制で脳波検査を実施しています。院長が自身で判読するため、検査当日に判定することも可能です。
      睡眠障害に実施するポリソムノグラフィーやてんかんの脳波ビデオ同時記録等は当院では対応できないため、対応可能な専門病院に紹介しております。
  • その他の検査
    • その他認知症やてんかんの診断に必要なMRI、SPECT検査、MIBGシンチグラム等放射線科的検査も近隣の病院に依頼して実施しています。
      アルツハイマー病、アルツハイマー型認知症ではVSRADという技術により関連する領域の萎縮の有無をzスコアという値(被験者画像と健常者平均画像を統計比較した結果、平均値からどれだけの標準偏差分離れているかを示す値)で評価します。
      SPECT検査ではアルツハイマー型認知症とこれに次いで多いレビー小体型認知症では血流低下部位の違いがみられます。アルツハイマー型認知症では帯状回後部の血流が低下し後頭葉におよびませんが、レビー小体型認知症では両側頭頂葉後部から後頭葉にかけての血流低下がみられます。てんかんの方の補助診断にもSPECTは有効です。部分てんかんの発作間歇期に焦点部位で血流低下がみられます(発作時には対側に比し血流増加)。その他パーキンソン病やレビー小体型認知症ではDATスキャンが有効です。これら2つの疾患では心臓の交感神経の機能を反映するMIBGシンチグラムも有効です。
      加古川・高砂地区にはこれらに対応できる病院が複数あり依頼することが可能です。

じっくり説明して、納得していただいた上で治療を開始します。まずはお気軽にご相談ください。