心療内科・精神科とよだクリニック

JR加古川駅の南口から徒歩1分、開業16年の実績

ご予約
お問い合わせは
TEL.079-454-8677

※木曜日、日曜日と祝日は休診
午前 9:00~13:00 × ×
午後16:00~19:00 × × ×

うつ病とは

うつ病 Depression

心が疲れたために、気分がゆううつで元気が出ない状態が2週間以上続く状態をうつ状態といいます。うつ状態を引き起こす原因には体の病気もありますが、体の病気がないのにうつ状態が現れる病気をうつ病と呼んでいます。

うつ病を引き起こす原因

うつ病になりやすい性格として几帳面、生真面目、凝り性等が知られています。また、昇進や引っ越し、結婚、妊娠、出産、喪失体験(身内の死等)や経済問題や家族関係の悪化等環境の変化やストレスがうつ病の引き金になることが知られています。

これらの原因がからみあって、脳の中の機能障害が生じた結果うつ症状が出現すると考えられています。これを「モノアミン仮説」といい脳の中のセロトニンやノルアドレナリンの働きが低下した状態が想定されていて、治療にはこれらの物質の働きを高める薬が用いられます。

うつ病の症状

うつ病の症状には精神症状と身体症状があります。体の症状が目立つうつ病(仮面うつ病)ではしばしば医療機関を転々とします。内科や外科で検査をしても異常がないのに、体がだるい、すぐに疲れる、食欲がない等の症状がある場合うつ病かもしれません。

以下にうつ病の症状をまとめてみます。これらの症状には日内変動(朝が一番辛くて、夜になると幾分症状が軽くなる)がみられることがあります。

  • 気分の低下
    ゆううつ、めいる、寂しい
  • 意欲の低下
    やる気が起きない、興味がなくなった、何をするにもおっくうで、すぐ疲れる。集中出来ない。何を決めるにも迷ってしまう。
  • 考え方の変化
    自分を責めてしまう。自分は価値のない人間だと思う。苦しみが未来永劫続くと思う。自殺したい。
  • 不安やイライラ
    漠然とした不安がある、わけもなくイライラする。
  • 睡眠障害
    朝早く目が覚めて、熟睡感がない。
  • 体の症状
    食欲がない、味がわからない、体がだるい、頭が重い。

これらは全ての症状ではありません。気になる症状がある場合は、お近くの専門医に相談してください。

うつ病の治療

うつ病の治療は心身の休養と、適切な薬物治療が基本です。生き方、物事の捉え方を変えていくための精神療法も併用されます。その他家族や親しい人間の接し方についても専門的等バイスを行います。

薬物療法

薬物療法としては三環系抗うつ薬(トフラニール、トリプタノール等)、四環系抗うつ薬(テトラミド、ルジオミール等)やスルピリド(ドグマチール等)が用いられてきました。

最近ではこれらの薬剤の副作用を少なくしたSSRI(セロトニン選択的再取り込み阻害剤:パキシル、デプロメール、ジェイゾロフト、レクサプロ)やSNRI(セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害剤:トレドミン、サインバルタ、イフェクサー)、NaSSA(リフレックス、レメロン)等新しい抗うつ薬が使用できるようになり、治療の幅が広がっています。

難治例に対しては強化療法としてSGA(第二世代抗精神病薬)、炭酸リチウム、抗てんかん薬等の併用、修正型電気けいれん療法が用いられることがあります。

うつ病のリンク

「うつ病~こころとからだ」サイトへ

文責:加古川の心療内科・精神科 とよだクリニック

カテゴリ Categories

  • 病気の話
    • 心療内科・精神科の病気に関する情報を紹介・解説しています。
  • 薬の話
    • 心療内科・精神科で治療に使用するお薬に関する情報を紹介・解説しています。

新着 What's new