心療内科・精神科とよだクリニック

JR加古川駅の南口から徒歩1分、開業19年の実績

ご予約
お問い合わせは
TEL.079-454-8677

※木曜日、日曜日と祝日は休診
午前 9:00~13:00 × ×
午後16:00~19:00 × × ×

うつ 初期症状 治療

今回は「うつ病の初期症状と治療」というテーマです。うつ状態とは憂うつな状態が2週間以上続いている状態であり、原因としてはうつ病だけではなく、躁うつ病(双極性障害)、統合失調症、喪失体験による悲哀反応など様々です。ここでは鬱(うつ)病の症状についてお話します(※この記事は、加古川市の精神科・心療内科クリニック院長のブログです)。

 うつ病では気分が沈んで憂うつ、不安・心配やイライラ、意欲がなくなり億劫、興味がなくなる、趣味が楽しめない、集中できず仕事等作業の効率が悪くなるなどの精神症状がみられます。重度になってくると自己否定がみられ、自分はつまらない、価値のない人間だと感じるようになります。真面目な社員が会社に迷惑をかけるのでと退職願いを出したり、よき夫(妻)が迷惑を掛けるので離婚したいと申し出ることもありますし、自己否定や罪業感から自殺を考えるようになります。不眠(寝つけず朝早く目覚める)や食欲不振、食べ物の味が感じられないなどの症状もよく見られます。うつ病の初期症状としては不眠と不安に関連した症状が多いようです。

 うつ病では身体症状も出現し、体がだるい、頭痛や首筋・肩のこり、息苦しい、喉が詰まった感覚などが良くみられる症状です。これらの症状を主訴として内科や耳鼻科、脳外科などを受診される方も少なくありません。

その他うつ病を疑う特徴としては朝が特に調子が悪い(日内変動)、几帳面・生真面目などの病前の性格などがあります。

 うつ病治療の基本は心身の休息と薬物療法の2本柱です。仕事や家事など業務の軽減を行い、状況によっては診断書を提出して休業することや、実家などで療養するなど転地療法が必要なこともあります。自己否定して死にたい、自分は生きている価値がないなどの希死念慮が強い場合には一時的な入院が必要な場合もあります。うつ病の薬物療法はSSRI、SNRIなどの抗うつ薬が中心となります。十分な量を十分な期間使用しなければなりませんが、症状が改善し、元の生活に復帰できた後は徐々に減量することができるので過剰な心配は不要です。

うつ病も身体疾患と同じく早期発見・早期治療が大切です。上記の症状がみられる場合には早めにお近くの精神科、心療内科の医療機関を受診されることをお勧めいたします。